旅の相棒

Martin The Classic Backpacker

 スペイン巡礼の道をともに、歩いたのが

このマーチンのバックパッカー(ナイロン弦仕様)。

800キロの途上、

アルベルゲ(巡礼者用宿泊施設)で、

小さな音楽会をいくつもやりました。

飛行機の機内持ち込みもできるコンパクトな

ギターですが、見かけによらず

けっこう音量を出すことができます。

ネックの握りも、ノーマルなクラシックギターと

ほぼ変わらないところがいい。

ウィークポイントがあるとすれば2つ。

1、ボディーが小さいという構造から、

どうしてもヘッド側が重くなり、下に向いてしまう。

(ストラップをすれば問題なし)

2、表面板の面積がとても小さいので、表面板を叩く

ゴルぺ奏法などができない。

しかし、この音量、この機動性を鑑みれば、

贅沢な悩み。

重いバックパックを背負った旅には

十分過ぎるギターです。

https://hiroponguitar.com/2019Spainsmart.html